曳家工事(建物移動)

曳家(ひきや)とは、建築物や建造物を解体せずに既存の姿で移動させる工事のことです。
例えば
■土地区画整理などで建物を別の場所に移動させたい
■陽当たりが悪いので建物の向きを変えたい
■敷地有効利用のため建物を上げ、下に駐車場を作りたい
■歴史的な建物や文化財などをそのままの姿で移動して保存したい
などといった一般的に起こり得る事柄
■震災や水害などで地盤がゆるんで建物が傾いてしまった
などといった被災建物などにも曳家が行われます。
曳家

当社の曳家のメリット

熊野建設の曳家は、都市計画による移設工事に最適です。

当社の施工費は経済的です…なぜなら

  • 県内外どこでも、お見積り無料で安心。
  • 当社は総合建設業が可能ですので、1社での対応で済みます。
  • 工事は短期間で終了が可能です。
  • 家財道具等も家屋内で、そのまま当社スタッフが安全に移動します。
  • 引越しの必要はありませんので引越し費用の削減になり、削減した分で他の施工ができます。
  • 主婦に嬉しい、お台所も、そのままお使いになれます。
  • 移動中は、とても静かなので赤ちゃんもスヤスヤの状況です。
  • 人の出入りが、ご心配の方、大丈夫です当社で教育し洗練されたスタッフですのでご安心ください。
  • 当社なら、不等沈下による施工に最適です。
  • 地盤が低い所の基礎の嵩上(基礎を高くする)に最適です。
  • 増改築、車庫新築、駐車場造成による、敷地内での家屋移動でのご相談を承ります。

曳家の施工の流れ

  • 建物調査
  • お見積もり
  • 新規プランご提案
  • 新規プランお見積もり
  • ご商談
  • ご契約
  • 着工
  • 基礎工事
  • 移動工事
  • 常繕工事
  • エクステリア工事
  • 直裁工事
  • 完成

昔の曳家とKPR工法の曳家との違い

昭和30年代の当社施工例

【昭和30年代の当社施工例】
当時は、現在の工法とは違い、畳や床などを撤去してしまう工法が用いられていた為、仮住まいに引越しを行わなければなりませんでした。
当時の技術としては最高レベルでした。

KPR工法を用いたの当社施工例

【KPR工法を用いたの当社施工例】
これまでのお客様の要望や技術研究開発を進め、現在では熊野武建設独自のKPR工法を確立させました。
KPR工法を使った曳家では、仮住まいに引っ越すことなくお住まいのままで移動させることができます。
また、耐久性が低下するなどの安全性を脅かすこともなく、経済的にも従来より安価に行うことができます。

曳家についてよくあるご質問

Q.曳家工事の費用はどれ位かかりますか?

A.一般的な建て直しと比べると約1/3程度の費用です。
建物の構造、周囲の状況、地盤や移動距離などにより異なります。
まず概算はホームページからお見積依頼ができます。
正確な費用を算出する場合は、現場を拝見させていただいてからのご提示となります。

Q.工事期間はどの位ですか?

A.一般住宅の移転工事の場合ですと、約1ヶ月~2ヶ月程度です。
工事内容によって、工事期間は大きく変わりますので、まずご相談ください。

Q.建物が壊れたり、傷んだりしないの?

A.曳家工事は、建物の各部分に均等に無理なく力を加えて柱、梁、屋根を損傷することなく移動させる合理的な工事です。
また、建物を移動する場合には、現在の建物に適した基礎を作り、その上に移動しますので、基礎が新しくなった分だけ家の寿命は延びるとお考え下さい。

Q.建物が古いのですが、大丈夫ですか?

A.どんなに古くても十分移動はできます。
必要とされる箇所は補強したり、腐っている部分を取り替えたり、傾りを修したりして移動します。

Q.建物の周りや移動先に障害物がありますが、大丈夫ですか?

A.曳家をするには、通過する為の「幅」と「高さ」が必要です。
「幅」と「高さ」がない事には、通過できません。
但し障害物の除去が可能な場合は大丈夫です。架空線、電話線はあらかじめ電力会社、NTTと打合せ、線を一時的に上下へ移動したりします。
また、2件同時に施行すればかなう場合もあります。まずは一度ご相談下さい。

Q.雪が降る地域なんですが、冬場は厳しいですか?

A.重機で雪を圧雪状態にして、足場を作ります。
その上に枕木をおいて移動を行いますので問題ありません。
軟弱地より雪の上の方がスムーズに工事を進められます。

Q.移動させたい場所の途中に河があります。大丈夫でしょうか?

A.河川は長尺H鋼で、臨時の橋ケタを作ります。
県道、国道の場合は迂回路がある事、路線バスが走っている所では終バスが行ってからという事になります。
通行量が多い所では深夜作業となります。