文化財

弊社では文化財の工事も行っております。 能登半島地震で損壊した国の登録有形文化財「大本山總持寺祖院震災復興事業・大祖堂保存修理工事」に携わらせて頂いています。(元請様:松井建設株式会社) まずは嵩上げをすることで傾いていたものを水平に直し、そこから曳家を行いました。
  • ジャッキアップビフォー
  • ジャッキアップアフター
  • 放光堂ジャッキアップ状況ビフォー
  • 放光堂ジャッキアップ状況アフター

大祖堂だけではなく、總持寺山門の保存修理にも携わっています。
この保存修理では、門の土台となる石積みの基礎が被災により沈下しているため曳家で後方に一旦移動をしました。
その後沈下した基礎部分の地中に鋼管杭を打ち込んで地盤の強度を高めました。
ご覧の写真の通り、柱を縛ったり固定をしない弊社独自の工法だからこそ部材を撤去したり、傷めずに作業をすることができます。
この工法には数多くの利点があります。
その一つとして柱を固定していないため、開きの締め付けや通り芯の修正にとても適しているということがあげられます。

  • 文化財移動仮置工事-1
  • 文化財移動仮置工事-2

オペレーションネットワークシステム採用

總持寺の工事では、オペレーションネットワークシステム(集中管理方式)を採用し、 それによってモニタリングを集中管理ができ、ミリ単位での傾きを知らせ、安全対策に万全の対策を期すことができます。

オペレーションネットワークシステム

昔の曳家とKPR工法の曳家との違い

昭和30年代の当社施工例

【昭和30年代の当社施工例】
当時は、現在の工法とは違い、畳や床などを撤去してしまう工法が用いられていた為、仮住まいに引越しを行わなければなりませんでした。
当時の技術としては最高レベルでした。

KPR工法を用いたの当社施工例

【KPR工法を用いたの当社施工例】
これまでのお客様の要望や技術研究開発を進め、現在では熊野武建設独自のKPR工法を確立させました。
KPR工法を使った曳家では、仮住まいに引っ越すことなくお住まいのままで移動させることができます。
また、耐久性が低下するなどの安全性を脅かすこともなく、経済的にも従来より安価に行うことができます。